« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

第2回おうちの中の音楽会ハロウィン♪

10月27日㈭午後1時~

参加費 500円

希望者には、コンサートの前後に、安倍加耶のリーディング、ヒーリングマッサージ

などの時間もあり♪

今回も みどりん徒然日記に更新ですconfident

http://19473803.at.webry.info/201110/article_8.html

名古屋でお仕事♪

10月22日23日 中京テレビ主催

~チュウキョウくんすこやか子育て応援フェスタ~

http://www.ctv.co.jp/event/11sukoyaka/

出演してきました。みどりん徒然日記に更新!

http://19473803.at.webry.info/201110/article_7.html

音楽関連はこちらに書きたいのですが、画像の容量のせいか

アップ出来ません(-_-;)

どうしたらいいのかぁぁ。載せられるよう、試行錯誤してみます・・coldsweats01

2011年10月15日 (土)

音楽療法 グループセラピー

ちょっと久々に、音楽療法のアシスタントしてきました。

東新宿にある老人施設でのグループ療法です。

そこで暮らしておられる方と、自宅から通っている方とおられますが、

その日の体調や気持ちの状態によって色んな反応があります。

今日は、人数は少なかったですが、詩吟を披露してくださる方がいたり、比較的積極的に参加されようとしていた方が多いように思いました(*^_^*)

こういったグループ療法は、できるだけ多くの人が、少しでも心身共に良い状態で過ごせるための手助けの一つなのだなと思います。

楽器を使ったり、連想ゲームのようなことをリズムに合わせてにぎやかに参加してもらったり、逆に誕生日の贈り物ということで、ピアノ曲を静かに聴いてもらったり、

1時間のうちに様々なことを、目的を持ってします。

tulip今回のプログラムtulip

cherry導入 ひとりひとりとコミュニケーションを取りながら、音楽会が始まることを意識させる

cherry里の秋・・・・歌詞を質問して答えてもらいながら確認。歌う。

cherry赤とんぼ・・・歌詞の数か所をかくしておいて、質問、確認。歌詞についての話題。

        様々な昔の思い出話などの反応が出る。

cherry荒城の月・・・いつごろの歌か、いつ習ったか、などの話題で回想

cherry○○の秋 連想ゲーム

  秋と言えば・・を答えてもらう

  果物の絵を見せて、名前を答えてもらう 

  秋の食べ物を、リズムにのって二つ答えてもらう など♪

cherry故郷の空・・・楽器を使う。二手に分かれてリズムの掛け合いを楽しむ。

cherryお座敷小唄・・・楽器をならしながらうたう。

    ここでハプニングsign01というか、私のミスで~sweat01sweat01

この曲は知らなかったので、you tubeなどで調べて音取して行ったのですが、

自分が聞いたものと調が違ったのです==sweat01

同じ題名でも、いろんなバージョンがある曲があって、

これはリズムや音の上がり下がりは同じなのに、明るい調性と暗い調性とあるみたいで、

明るい方を期待されてたのに、暗い調で弾いてしまい途中で中断(>_<)

セラピストの奥山さんのフォローでちゃんと進行しましたが、ちゃんと確認しなかったことを反省でした☆

次回、「リベンジしてね~」ということで。。。

cherry10月のお誕生日の方に、ハッピーバースデイとピアノ曲のプレゼント

     ショパン ノクターン作品9-2 

cherryふるさと 歌って終了

今回も勉強になりました!

 

 

2011年10月 9日 (日)

出張ホームコンサート終了♪

10月7日(金)、初めての出張コンサート、無事終了しました。

Dsc_0006_2

木目のアップライトピアノ、明るくて観葉植物も元気に育っている広々したリビングにて。

お客様は、ご依頼主のNさんと、そのお友達お二人に、お友達の娘さん、1歳9か月のお孫さんの5名。

私も2回ほどお会いしたことのある方ばかりだったので、とても和やかムードで、

私自身もとてもリラックスして進めることができました♪

<プログラム>

①紅葉   

②カノン  パッヘルベル・・・Nさんのご主人が、この曲が大好きでギターを習い始めたと         

                いう思い出の曲ということで、入れてみました

③エリーゼのために   ベートーヴェン・・・お友達のリクエスト

④ピアノソナタ第8番「悲愴」第一楽章   ベートーヴェン

⑤エチュード作品25-1「エオリアンハープ」   ショパン

⑥お客様参加コーナー・・・ 急遽ですが、一緒に連弾していただきました(*^-^)

子供のころ、よく学校で遊んで弾いた方も多いかもしれない「トトトの歌」note

下のパートで☆結構盛り上がったかなwink

⑦永遠(とわ)のハーモニー    私と加耶ちゃんのユニット「Universalove」のオリジナル

 (ピアノバージョン)        作詞 加耶    作曲 みどりん

⑧ラ・カンパネッラ          リスト・・・本当は、ラフマニノフと思っていましたが

3日くらい前、急にこの曲にしたくなり、変更。「リクエストしたかった曲だったの!」と言っていただき、良かった~heart02こういうのもコーリングというのかもshine     

アンコール!モーツァルト トルコ行進曲

以上でした。

1曲終わるたび、コメントしてくださったり、話も盛り上がったりして、自分自身も

楽しめたコンサートでした。感謝sign01  

小さいお客様も、ご機嫌で静かにいてくれましたhappy01

そして。

次回も約束いただきました。

今度はクリスマス、加耶ちゃんも一緒に参加です

今度はどんな内容にしようかなhappy02          

2011年10月 3日 (月)

ジブリ音楽 楽譜

Sany0057_2

買いました!

以前持っていた、原調で弾くジブリ作品、というようなタイトルの楽譜が行方不明になってしまい、「人生のメリーゴーランド」が弾きたいのに弾けない~(>_<)

という思いがずっとあり、見つかるのを待たずに買ってしまいました。

今度は、秋谷えりこさんという方のアレンジで、すごいなんというかゴージャスsign01

とても素敵で気に入った~happy01

「人生のメリーゴーランド」は、行方不明の楽譜ちゃんのほうが原曲のままな感じに対して、

こちらはちょっと手を加えて、違う雰囲気を味わう感じ。

魔女の宅急便の「風の丘」と「やさしさに包まれたなら」はめちゃ好きですheart01

となりのトトロが、派手派手サンバ風なのも面白い♪

ベートーヴェンピアノソナタ第8番Op.13「悲愴」第一楽章

先日の小さな音楽会で弾いた曲です。

ちゃんと弾いたのは本当にしばらくぶり、十ん年ぶりか!?というほどで。。(^_^;)

第2楽章は、「のだめカンタービレ」の中で、のだめちゃんと千秋先輩が出逢うきっかけとなった曲であり、3大ピアノソナタと言われるものの一つなので、

ご存知の方も多いかもしれません。

この曲は、ベートーヴェンが28~29歳(1798~1799年)頃の作品、

自分自身で標題を付けた数少ない曲のうちの一つでもあります。

(月光や熱情は彼の付けたものではない)

そして、難聴が始まったころと重なると言われ、

「ハイリゲンシュタットの遺書」と呼ばれる手紙を二人の弟に宛てて送った時期とも

重なります。

その中の一節によると・・

「人恋しさに耐えられず、その誘惑に負けたこともあった。

だが、そばに佇む人には遠くの笛の音が聞こえるのに、私には何も聞こえない。

人には羊飼いの歌が聞こえるのに、私にはやはり何も聞こえないとは、

なんという屈辱だろう。

こんな出来事に絶望し、もう一歩で自らの命を絶つところだった。

しかし芸術、これのみが私をおもいとどまらせたのだ。

ああ、課された使命、そのすべてを果たしてからでなければ私は死ねそうもない。

だからこそ、この悲惨な人生を耐え忍んで生きてきたのだ」

一時は死までも考えるような状況だったのに、それを克服できたのは

自分の使命だと言い切ることが出来るほど、大きな存在の音楽があったから。

そして実際、ベートーヴェンはその使命を果たして、この世を去ったのだと思います。

そういうことを知って、曲を聴いたり弾いたりすると、ベートーヴェンの音楽の奥深さに

ちょっとだけ近づけるような気がします。

この第一楽章は、まだこの手紙のような結論に達する前の心情かもしれません。

冒頭の重々しいグラーヴェは、まさに絶望を感じさせ、

アレグロからは、生と死の葛藤であり、激しく対峙し合っている様子ともとれます。

http://www.youtube.com/watch?v=gzSAPEykmk4&feature=related

Universaloveロゴ完成!

加耶(かや)&みどりん、歌とピアノのユニット「Universalove」の

ロゴが出来上がりました!

加耶ちゃんの友人であり、デザイナーの田口哲夫さん作。

詳しくは、ブログをご覧ください

http://19473803.at.webry.info/201110/article_1.html

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »